デイリーに使える無地Tシャツにこだわってみる
ロゴ

自分好みの無地Tシャツで高級感を感じてみよう

必ず持っている無地Tシャツ

皆さん必ずって言っていいほど1枚は無地Tシャツはお持ちですよね。無地Tシャツはパンツやスカートなど何にでも合わせられることが出来るので老若男女似合うファッションアイテムかと思います。そんな無地Tシャツはいろいろな糸で編まれています。今回はシンプルだからこそこだわりたいを無地Tシャツ理解していきましょう。

たくさんある糸の比較

パッチワーク糸

キルト糸とも呼ばれていて、キルティングするときに使用します。細くしなやかで、ミシン糸よりも切れにくいのが特徴です。布と同系色の糸を使うことで綺麗に仕上げることができます。

工業用糸

家庭用糸よりとても安いので糸をたくさん使う方にはおすすめです。工業糸は色の種類が豊富で絶妙な色も展開しています。工業用糸は太巻きのため、家庭用ミシンの糸立て棒に入りません。ですので独立型の糸立て棒が必要となります。

デイリーに使える無地Tシャツにこだわってみる

トルソー

Tシャツのオンスってなに?

Tシャツを買うときにショップやインターネットでよく「オンス」という言葉を見かけると思います。このオンスとは生地の厚さを表す単位で、オンスの数字が小さければ小さいほど生地が薄くなります。例えば4.1オンスですと肌触りがとてもよく着心地が良いです。しかし透けて見えることがあるので普段着として着るにはは少々難しい場合がありどちらかと言うと肌着向けでしょう。

布

糸の加工次第で糸が持つ雰囲気が変わる

同じ糸でも加工を変える事によって着心地が変わってきます。カード工程と言われている糸の不順物を取り除く工程を行ったカード糸は一般的に使われることが多いです。この糸を使ったTシャツはラフで楽に着ることが出来ます。そしてカード工程後にさらに不純物を取り除いたのがセミコーマ糸です。カード糸より柔らかく、光沢があり少し高級感があります。

男性

Tシャツの様々な編み方

無地Tシャツの一般的な編み方は天竺編みと言われています。表面は肌触りがよく裏側はややあら目なのが特徴です。横によく伸びるのでTシャツに使われることが多いのです。また、ワッフル編みと呼ばれるものもあります。ワッフル編みは保湿性が高く、肌にはりつきにくい特徴があり、ミリタリー系のTシャツによく使われることが多いです。

無地Tシャツが出来るまで

Tシャツ

生地を準備する

型紙を用意したら、服に使う生地を型紙通りにカットします。お腹側、背中側、袖2本、襟を用意しましょう。この時、お腹側と背中側を間違わないように印をつけておきます。生地をカットし終わったら出来上がり線にアイロンをかけておきます。事前にアイロンをかけておくことでミシンがはしりやすくなります。

袖を縫う

先ほどつけた印を見ながら袖を縫い合わせていきます。生地の押さえ圧は弱めにして縫い目は小さめを心掛けましょう。生地を伸ばしながら縫うことが家庭用ミシンで上手に無地Tシャツを作るコツです。また、最初に出来上がり線を塗ったあとに縫い代の真ん中にジグザクミシンをかけることで縫い目の補強になります。

まち針やノリを使う

生地がずれてしまわないように、まち針を打ちましょう。どうしてもまち針がずれてしまうときには仮止め用のノリを使うのもオススメです。仮止めですから簡単にはがせることが出来ますし、まち針より生地がずれることがありません。

襟と脇を縫う

袖は無地Tシャツなら本体と同じ生地でも構いませんが、スパンフライスなどの伸縮の良いものを使ってみても良いでしょう。まず先に襟の生地を2つ折りにして端を縫い合わせます。それからTシャツ本体の生地の印に合わせて縫い付けていきます。襟が終わったら一直線で縫いやすい脇の部分にミシンをはしらせます。

細かい部分の処理

細かい袖などの部分はTシャツの表を外側にして内側から見るように縫いましょう。裾も同じく処理していきます。最後にTシャツにアイロンをかけたら完成です。慣れてきたらウエストが締まったレディースのTシャツやポケットがついたTシャツを作ることも出来ます。

広告募集中